ユーモア・セシリア月例報告


                                                  NO.162   案内をみる

                                                     2019年1月25日


 2019年1月例会は、1月25日、9名が参加して行われました。今月は新年会ということで、スピーチの課題は
「今年の抱負」でした。色々な抱負や希望が出ました。

田村さん: 新年会では、毎年、「今年の抱負」が課題となる。そして、毎年、1月に抱負を語るが12月には忘れている。
    不思議に、去年の「ラジオ体操」だけは続いている。今年は「人の話を最後まで聞く」を目標とする。

坂本さん: この3月13日で「米寿」になる。仕事もすべて終わり、法人税もなく、川崎市民だけが残った。まだ、少し
    やり残した課題があるので3月末までには片付けて、後は少し撮影済みのビデオや写真の整理をしたい。

黒河内久美さん: クリスマス会では拙い歌をお聞かせしたが、今年も年に2度の発表会に向けて練習したい。現在、
    10人足らずのメンバーだが、殆どが素人。若い先生が、楽譜の見方を白板に書いて説明してくれる。

同 康さん: 仲間内で内緒話のように抱負を語り合うが、その中の1つに世界一の長寿というのがある。最年長が113
    なので、120歳を目標にしたい。初夢は実現するとか、1/2に紙に書いて枕の下に入れたが、夢は見なかった。

松野さん: 年をとると簡単なことを忘れる。年賀状の返事を書こうと筆を執るが、「おめでとう」の「め」の字が書けない。
    今年は転ばないように、呆けないようにして身辺整理をしたい。書くことと講演は少し続けたい。

上條雅子さん: 転ぶといえば、5〜6回転倒した。入院、手術も経験した。毎年、計画だけは立派に作るが実行が伴わ
    ない。今年は少しゆっくりして、ヨガと書道などに時間を割きたい。

同 和松さん: 平成は今年が最後。元年〜3年とドイツのボンに居た。平成元(1989)年11月9日にベルリンで大事件あり。
    東西を分ける壁が壊された。(和松さんはコレクション大好き)カバンから壁のカケラとガラス入り装飾を取り出す。

        

児玉さん: ベルリンの話がでたが、私は壁の崩壊前から毎年のように東ドイツに演奏旅行に出かけていた。あれから随分
    世界は変わった。日本も難しくなる。健康に気をつけて自分でコントロールできる範囲で頑張りましょう。


中村からは、抱負を語っても実現できそうもないこと、初詣では、ダメ元で阪神タイガースの優勝をお願いしたことを紹介。



 第2部は、新年夕食懇談会。先ず、今日のドリンクは、黒河内さん差し入れのイタリアワイン(赤)、松野さんからは、大吟醸「東洋美人」、坂本さんからの出汁パック。 デザートは上條さんからの特製クッキーなど。


 新年会の夕食としては、珍しいスコットランド料理。児玉さんの友人の方が全部手作りで準備されました。

 抜群のカラー・コーディネーションのオードブル(残念! 写真はピンぼけでお見せできません)、コクのある野菜スープ、野菜サラダ、肉入り手焼きパン(ロシアのピロシキに似てる)、とても軟らかなパン(カステラの食感で歯の弱者にはウレシイ!)、カスタードクリームがタップリかかったシュークリーム風お菓子など、など。

 なかなか美味な料理で、松野さんからは「とても美味しい。これを作ったシェフがレストランを開けば教えてほしい。必ず食べに行きます」と。

 野菜タップリで黒河内康さんも大喜び。とてもヘルシーな夕食でした。

 
 
                   

 

  


   

                        
 
            本日の出席者(敬称略、順不同)

           松野 浩二            児玉 麻里
           黒河内 康            田村 紀久子
           坂本 晃             黒河内 久美
           上條 和松           上條 雅子
           中村 龍介
                            (以上 9人)


           

次回は、2月22日(金)です!!





  過去の報告書を見るには、次の頁に移って下さい。⇒

前月号(クリスマス会)は→ こちら
昨年11月号は→ こちら
昨年10月号は→ こちら
昨年9月号以前は→ こちら



                                 
                               トップ頁に戻る