長い間続いたコロナ禍も、年の瀬が近づくにつれ、ようやく、収束の兆しが見えてきたようで、東京の1日当たりの感染者数は2桁の下の方で推移しています。そのチャンスに、12月21日、15人が集まってクリスマス会を開催しました。

 今年は、ガラリと趣向を変えて、新しく初台に出来た「東京オペラシティタワー」の53Fにある、松阪牛の割烹「よし田」でのランチオン・パーティとなりました。

               


     


 午後0時半、30人用の個室に、6脚のテーブルを配置、1つのテーブルに2人~3人が座ります。



      

    児玉麻里さんと山中明子さん              貝絹代三と中村龍介さん                     山崎陽一さんと加川厚子さん


     

繁正子さん、御息女の金井わかのさん、末岡武彦さん  山田賀世さん、須田俊子さん、岩橋庸一さん、      野道大さん、 岩原市さん、 田村紀久子さん


 シャブシャブやスキヤキは、一つの鍋を何人かでつつきながら食べるのが普通ですが、
「よし田」では、コロナウィルスの伝染を避けるために、一人分の食事を加熱装置の付いた
シャブシャブ鍋とともに配膳します。


 このようにして、コロナウィルス伝染のリスクは最小限に抑えることができます。







                  




  松阪肉のシャブシャブをいただきながら、一人ずつ自己紹介をしました。2時過ぎに食事を終え、全員で記念写真です。お店の方にシャッターをお願いしました。

   


 この後、有志が階下のカフェで簡単な2次会(右の写真)。その後、皆さん、三々五々帰路につかれました。尚、このアルバムの写真は、すべて、写真家の山崎陽一さんが
撮影されました。


次回の月例会は2022年新年会となります。事務局の都合上、開催予定日は1月19日(水)となります。

   次回は「新年会」、2022年1月⒚日(水)です!!






 











                           
                         トップ頁に戻る